コピーライティングって重要なの?

ホームページに載せる前提で、コピーライティングが重要であるかについては、場合分けが出来るので、一概にそうだということはできません。

例えば、会社概要を見せる目的のホームページであれば、コピーライティングが必要とされる部分は少ないかと思います。

一方、集客・販売目的でホームページを作成する場合、顧客情報が集まるか。

商品が売れるかは、コピーライティングにかかっていると言えます。

 

一度、良いコピーができてしまえば後はLP(ランディングページ)に落とし込んで、インターネット広告を出して、同時にSEO対策をすれば、ほぼ自動でコンピューター・ホームページが営業活動をしてくれるようになる訳です。

インターネット広告は、費用をかければかけるほど顧客情報が集まりますが、コピー次第で費用対効果は差が出てきます。

このとき、複数のコピーで集客率を比較し、つまりABテストを行い効果の高いものだけ残していくことになります。

言うのは簡単。やるのはお金が(広告費で最低数十万円以上)必要なので、効果の出るパターンを見つけるまでは苦労することでしょう。

コピーの制作は、自分でコピーライティングのテクニックを勉強するか、腕のいいコピーライターを見つけて書いてもらうかになるのではないかと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 ネットブログへ